ネットワークビジネスの体験談

先輩に頼まれて参加したワールドベンチャーズビジネスのセミナー、妻が興味を惹かれ参加したがサポートと知名度の低さに挫折

このページではネットワークビジネスの実践者や勧誘者が決して語らない
リアルなネットワークビジネスの実情を記載しています。

実際私のところにも毎日のようにネットワークビジネスの
実践している方からの相談が寄せられており

 

ネットワークビジネスの世界が稼げるようになる事が

いかに大変かを物語っているわけですが

勧誘する側は決してそのような事は語りません。
常に良い面、未来への展望しか

 

当然ですよね。人を増やさなきゃいけないネットワークビジネス
誰だって入会を躊躇するような負の面を語る事なんてしませんからね^^;

そんな私が受けた相談者達の体験談になっています。

ネットワークビジネスの相談者、性別. 男性 年代. 20代

 

私がネットワークビジネスを始めたのは
ある先輩に頼まれたことがきっかけです。

 

その時は、すごく正直に

「ネットワークビジネスのセミナーを
開催しなきゃいけなくなったのだけど
人が集まらないから来てほしい」

と言われました。

 

そもそもの誘い文句がそれで
たまたま私と妻のどちらも
時間が空いていたので

「加入はしませんが会場に行くだけなら」

ということで2人で参加。

 

セミナーに参加しましたが、私よりも
妻の抱く印象が思いの外良かったこともあり

さらに私が住む地域の担当が妻と
同い年だったこともあり、加入しました。

 

先輩は

「自分は深く活動しているわけじゃない
からあまり助言も手伝いもできないぞ」

ということでしたが
担当と妻の打ち解け方も見て

「問題ない」

と安心していました。

 

それが私(たち)がネットワークビジネスを
始めたきっかけです。

参加したのは“旅行”が商材のワールドベンチャーズビジネス

 

私がやったネットワークビジネスは

「旅行」を商材にする

ワールドベンチャーズ

という会社のビジネスでした。

 

「登録した会員しか使えないツアーを
持っておりそのツアーで泊まることに
なるホテルは全て星4つ以上の高級ホテル。」

「毎月の支払いのほとんどがそのツアーで
使用できるポイントとして貯まり
一部ポイント支払いでツアーに行ける。」

「ツアーには航空券が含まれていないが
他のどこよりも格安の航空チケット
会社を持っており、航空券も格安。」

「4人紹介すれば、毎月の支払いの必要が
なくなるが支払いしたと同額のポイントが貯まる。」

 

簡単に書くとこのようなメリットのある
ネットワークビジネスでした。

入会前と入会後でワールドベンチャーズの説明に祖語があり困惑

 

以上の条件もあり、実際に加入する直前に

「夫婦で登録し、夫婦でポイントを貯めていた
場合旅行の際にそのポイントは2人分使える」

ということもあったので2人で登録しました。

 

まず最初にわかった相違点は

「世界的に有名な」

という謳い文句の会社でしたが
一般の人に会社を聞いても

「知らない」

という反応ばかり。

 

更に、ネットワークビジネスで
成功した友人や先輩、知人に聞いても

「聞いたことないなぁ」

という反応でした。

 

そして決定的だったのが

「旅行の際夫婦2人分のポイントを
使用することはできなかった」

ということです。

 

登録して1年近く過ぎ、ポイントもある程度たまった時に
旅行に行こうとしました。

しかし、どうやって2人分のポイントを
使うのかわかりませんでした。

 

まず担当の人に聞いたら「使えません」と。

びっくりして

「登録前には使えますと回答いただいてますが」

と言っても

「今後使えるようになるかも
 しれないが、今は使えない」

と返されました。

 

それより上の人に聞いても答えは同じでした。

ワールドベンチャーズビジネスの活動する上で知名度の低さが勧誘の難易度をあげていた

 

実際にやりましたが
活動に関して大変だと感じたのは

「会社の知名度の低さ」

でした。

 

登録した頃の時期が日本に来て間もない
時期だったこともありますが

知名度が低く

「何の会社?」

というような反応ばかりでした。

 

それだけであれば良かったのですが
更に大変だったのは

「説明できる立場の人間の少なさ」

です。

 

「旅行」を商材にする会社であることで
想像できる通り

上の立場の人であればあるほど
しょっちゅう旅行に行っていました。

 

その為、興味を持つ人がいてもシステムや
料金プランをしっかり説明できる人がおらず

自分たちに教えてくれる人もおらずで
すごく大変でした。

 

また、日本に支社がない会社ということは
公式HPや旅行の為の予約画面
航空機の手続き画面も全て英語で

「ある程度わかる」

くらいの知識だとそれもまた、すごく大変でした。

ツアーに参加したが色々と不満が溜まりワールドベンチャーズビジネスの退会を決意

はっきり「辞める」と決めたのは
実際にそのツアーに参加してからでした。

 

ツアーの参加準備段階から
不満は溜まりました。

まず1つが、会社のレスポンスの遅さです。

 

日本人の会員とのやりとりは
中国の会社が行っていたのですが

旧正月や中国独自の慣習の影響もあり
問い合わせへのレスポンスがとても
遅かった覚えがあります。

 

それに関連して、サービスの悪さも
目立ちました。

 

日本と同程度のサービスの期待を
していたわけではありませんが

宿泊先ホテルの名称といった情報を
2回言った後でようやくこちらに

送ってくるなど、てきとうな扱いを
受けていた、と感じています。

 

旅行に行ってからは、しばらくは
順風満帆に過ごしていました。

2日目の夕飯、別のホテルのディナーバイキングに
赴いた時に「辞める」と決まる出来事がありました。

 

夕飯先のホテルに到着し、ロビーに
設置してあるすごく大きなテレビに

「ようこそ、ワールドベンチャーズの皆様!」

と映し出されていました。

 

「気持ち悪いくらいの特別待遇」

という歓迎が私たちの肌に合わず、その出来事が
辞めるきっかけとなりました。

 

心なしか、ディナー先のホテルの方々の
対応も冷たかった気がします…。

ネットワークビジネスに関して、セミナーで
言われているような

「良いことづくし」

ではありません。

 

商材がなんであれ

「不労収入」

を謳い文句にする会社ばかりだと
思いますが、考えてみてください。

 

「不労収入」

で毎月何百万と稼いでるはずの

「上の立場の人」

は暇そうにしていますか?

 

「しっかりフォローするから」

というあなたの直属の人は

その会社のシステムについて
全て網羅していますか?

 

矛盾にあふれた出来事を

「会社の良さ」

「メリット」

「良いところ」

 

という甘い文句で誘いこむのが悪質な
ネットワークビジネスの手口です。

 

どうか騙されませんよう、周りの人の
客観的な意見にも耳を傾け

よく考えて欲しいと私は願っています。

 

※追伸

今の時代ネットワークビジネスに限らず色々な副業があります。

人に嫌われたり嫌がられたり、出たくも無いセミナーに
強制参加させられたり人間関係に悩まさられたり

そういった煩わしい物と無関係な副業だってあります。

最近だとネットの環境さえあればパソコン1台で
完結させられる物も多くあります。

重要なのは世の中にはどんな副業があって
自分にはどれが合うのかを知る事です。

勧誘者は語らないMLMで成功する難しさとMLM挫折者でも稼げる副業は?

この辺の事をしっかり学ぶ事によって
ネットワークビジネスで挫折した人だって

稼ぐ事が出来るわけです^^

私自身毎日のんびりとパソコン1台で好きな時に仕事をやって

普通に働くよりも沢山の給料を稼げています。

 

詳しくはこちらをご覧になってください。
↓↓
末永の詳しいプロフィール

 

また相談等も乗りますので
気軽にメールをしてみてください。
↓↓
末永に相談する


また、私の体験談も載せて欲しい!

という方がいらしたら是非ご連絡下さいm(__)m