ネットワークビジネス企業情報

老舗ネットワークビジネス会社ジャパンライフが倒産!?ジャパンライフは裁判沙汰になっている詐欺会社だった!?

スクリーンショット (88)0 

こんにちは末永です。

 

老舗のネットワークビジネスビジネス会社である
ジャパンライフ

 

2度の不渡りを出し銀行取引が
停止となり事実上倒産という事になりました。

一体どういう事なのか調べてみました。

 

ジャパンライフとは?会社情報は?

 

商号
ジャパンライフ株式会社


創業
1974年1月


設立
1975年3月


資本金
4億7,640万円


本社所在地
〒101-0065
東京都千代田区西神田2-8-5 ジャパンライフビル


TEL
03-3511-8282


FAX
03-3511-8283

フリーダイアル
0120-20-3939


代表取締役会長
山口隆祥


代表取締役社長
山口ひろみ


取締役
安田真二
松下正己


監査役
徳田直人


従業員数
従業員数 746名

事業内容
家庭用永久磁石磁気治療器の製造・卸・販売
化粧品の卸・販売、健康寝具の製造・卸・販売
栄養補助食品、清涼飲料水の卸・販売


工場等所在地
埼玉工場(埼玉県本庄市児玉町)2005年5月 ISO9001、ISO 13485取得
最先端技術治療器開発センター(埼玉県本庄市児玉町)
中央研究所(埼玉県本庄市児玉町)
物流本部(埼玉県本庄市児玉町)
霧島全解水工場(鹿児島県霧島市牧園町)


主要取引先
中川装身具工業株式会社
芳香園製薬株式会社
日東化成工業株式会社
日本電子計算機株式会社
株式会社アプラス
みずほ銀行
みずほ信託銀行
三菱東京UFJ銀行
りそな銀行
八千代銀行、ほか


加盟団体
一般社団法人 日本クレジット協会
一般社団法人 日本ホームヘルス機器協会

 

ジャパンライフといえば1975年から続いている
老舗のネットワークビジネスの企業であり

主に寝具、磁気治療器、磁気治療器レンタル
磁気マットレス、磁気寝具、羽毛布団など

 


寝具や磁気製品を主に扱っていました。

 

最近はそこまで見なくなりましたが一時では新聞や通販番組の
メディア広告でも良く見かける程広告の出稿をしていました。



それが今回事実上倒産という事です。

 

 

2016年からジャパンライフは4度の行政処分を受けていた

 

そもそもジャパンライフが事実上倒産する
1年以上前から色々と問題になっていたのです。

 

2014年に消費者庁から呼び出しを受けており
特定商取引法違反などで指導を受けていました。

 

  

そし驚くことにその後も

 

2016年に1回

1017年に3回

 

1年ちょっとの間に実に4度に渡って
行政処分を受けており

一部業務に関しては1年間の
業務停止処分を受けているのです。

 

一部とはいえ、1年もの業務停止処分を
受けていますのでこのあたりが業績に

 


影響を与えていた事は間違いなさそうです。

ある意味で倒産は必然だったのかもしれません。

ただ気になるのがこれだけの老舗の大企業なのに

行政処分などの当時は殆ど報道をされる事もありませんでした。

メディアに積極的に広告を出していたので
その辺を配慮していたのかもしれませんし

他にも色々な話が出てきますが

このあたりは色々と噂話は出てきますが
事実確認が取れていませんので

興味ある方はご自身で知らべて見て下さい。

 

ジャパンライフの特定商取引法違反の内容

 

 

ジャパンライフでの主な
販売方法は訪問販売などで勧誘でした。

 

高齢者の家を訪ね

 

磁気製品の商品を購入し
別の顧客に
レンタルすれば
年6%の収入が
得られる



と謳っていたそうです。

 

他にもジャパンライフの店舗でマッサージを
受けたり温泉施設に集められて
舞台鑑賞をさせられたりする中で心を許し

 

契約を交わすケースも多いようです。

 

そして顧客と交わす契約書面に業務内容や
財産状況を適切に記載しないまま契約を行っていました。

 

 

高齢者の人たちは磁気治療器を購入するとお金がもうかる
との思いだけで契約内容を十分に理解しないまま契約を
重ねているような状態でした。

 


そして中には言われるまま5年間で30回以上も契約をし
1億円以上支払った80代の女性もいたそうです。

 

ここまでいくと行政処分も仕方ないとしか言えませんね^^;


男女9人が集団提訴にするという
ニュースも出てきています。

フォーデイズが事実上倒産になった理由を考察

 

ジャパンライフはこのような事態になったわけですが
勘違いして欲しくないのは

 


ネットワークビジネス自体が
違法なわけではありません。

 

ちゃんとしたビジネスなわけです。

 

今回問題になったのはあくまで

 


勧誘方法であり

 


ビジネスモデルそのものが
問題になったわけでは無いのです。

 

ただ今回の問題の根底にあるのが

 


法令違反をしてでも会員を増やそうとする
ビジネス会員がかなりいるという事です。

 

調べていくと

 

2015年4月以降消費者生活センターに
ジャパンライフに関する相談が

 


多数あり、その殆どが70~80代の
高齢者だったそうです。

 


そしてその多くが100万円~500万円の
高額商品だそうです。

 

相談した人がそれだけいるという事は
実際には、もっと多くの人が強引な
勧誘を受けているという事です。

 

つまりそれだけ強引な勧誘や
違反な勧誘している人が
多いわけです。

 

確かに高齢者を狙った悪質な
物である事は間違いありません。

 

そしてこのあたりが世間のネットワークビジネスへの
印象の悪さを植え付けているのは間違いありません。

 

ただ裏を返せばそこまでやらないと
ネットワークビジネスで稼ぐのは
難しいという事でもあります。

 

誰だって法令違反をしたいと
思うわけありませんからね^^;

 

勧誘を受けた時には誰でも出来るような
印象を受けますが

 

実際にはそれだけ厳しい世界と言えるわけです。

 

ジャパンライフの実情としても
一時期売り上げ高は1500億円を
超えた時期もあったのですが

 

一部業務停止等、行政処分の
影響もあり2017年には230億程度まで落ち込み

 

債務超過状態になり事実上倒産したわけです。

 

私自身現在ネットビジネスで生計を
立てていますがネットワークビジネスは
ネットビジネスで成功させるよりも

 


遥かに大変なのが実情です。

 

これからネットワークビジネスにチャレンジしようと思っている方は
MLMの体験談も一度ご覧ください。

 

MLM体験談集

 

今の時代ネットワークビジネスに限らず色々な副業があります。

人に嫌われたり嫌がられたり、出たくも無いセミナーに
強制参加させられたり人間関係に悩まさられたり

 


そういった煩わしい物と無関係な副業だってあります。

 

最近だとネットの環境さえあればパソコン1台で
完結させられる物も多くあります。

 

重要なのは世の中にはどんな副業があって
自分にはどれが合うのかを知る事です。

 

勧誘者は語らないMLMで成功する難しさとMLM挫折者でも稼げる副業は?

 

私自身毎日のんびりとパソコン1台で好きな時に仕事をやって


 

普通に働くよりも沢山の給料を稼げています。

 

詳しくはこちらをご覧になってください。
↓↓
末永の詳しいプロフィール

 

※お知らせ

ネットワークビジネスについて悩んでいたりする方

気軽にメールをしてみてください。
↓↓
末永に相談する

 

 

またMLM体験談も募集していますので
私の事も載せてくれ!!

 

って方がいましたら是非メールでお知らせください。

 

お得な情報を配信しています。
登録して損はさせません!

↓↓