SEO

SEO業者は利用するべきかどうか?神(Google)によりSEO業者の淘汰が始まっている

こんにちは末永です。

先日メールで

「SEO業者は使って検索順位を
上げた方がいいですか?」

 

という質問を頂きました。

 

折角なのでみなさんにも共有して欲しいと思い
今回は記事にしてみました。

そもそもの話SEO業者というのは
何をやっているのでしょうか?

 

それにはまずGoogleの使命に
ついてお話しなければいけません。

 

Google検索の歴史

 

 

Googleの使命とは

 

世界中のインターネットにある情報を整理して
世界中の人々が自由に望む情報にアクセスできて
使えるようにすることです。

 

そこでGoogleは検索窓というシステムを作り
そこにキーワードを入力する事によって

 

相手が望む情報をデータ上から予測し
それに近い物がから順番に表示するようにしました。

 

それが現在の検索エンジンになります。

 

勿論、情報を整理し纏めるのは人力では無く

 

検索ロボットと呼ばれるクローラーが行います。

 

クローラーは世界中から集めた情報を様々な角度から分析し
評価して、情報を欲しい人に届けられるようにしているわけです。

 

検索エンジンで検索して表示する順番というのは
様々なルールの上で決められています。

 

このルールの事を

 

アルゴリズム

 

と呼んでいます。

 

このアルゴリズムを解読している
人たちがSEO業者です。

 

アルゴリズムを解読する事によって
作為的に順位を操れるようになるわけです。

 

当然ながらGoogleの使命は

 

ユーザーが欲しい情報を
的確に届ける事です。

 

それを人為的に操作され望んだものが
届けられないには一大事です。

 

SEO業者と検索エンジンは
相反する存在なわけです。

 

Google自身もこのような作為的な価値の上昇を
規約で違反としてしっかりと明記しています。

 

このようなGoogleが望んでいないSEOを

 

ブラックSEO

 

と呼びます。

 

2000年代というのはこのアルゴリズムを
決めるルールが今よりも簡単で

 

SEO業者は簡単に対策をする事が出来ました。

 

勿論、Googleも黙っているわけではありません。
対策する事が裏目に出るように
アルゴリズムのルールを変更してきましたが

 

そう簡単にはいきません。

 

何故ならSEO対策している物がすべて
価値の無い悪いサイトであれば良いのですが

 

中には当然ながら有益なサイトもあったのです。

 

SEO対策をしているサイトすべてを駆逐してしまったら
有益なサイトをも駆除してしまう事になります。

 

ここにGoogleのジレンマがありました。

 

特に2000年代に横行して手法として

 

検索順位を決める重要な要素として

他のサイトからどれだけ
多くのリンクが貼られているか

 

というルールがありました。

 

これは口コミ視点と呼ばれる物で

 

他から評価されるコンテンツは
良いコンテンツである

 

というのが根拠です。

 

口コミがそうであるように本当に良い物というのは
何もしなくても口コミで広がっていくものです。

 

実際にTwitter等のソーシャルメディアでも
面白い物はシェアされ拡散されやすいです。

 

他のサイトから沢山リンクされ紹介される
サイトというのはそれだけ魅力があるという事です。

 

そこに目を付けたのがSEO業者でした。

 

彼らは価値の無いblogやサイトを無数に作り
そこからリンクを大量に貼る事で作為的に
評価を高め検索順位の上位を独占していたのです。

 

結果、検索順位上位にはなんの価値も無いサイトが
大量に溢れ有益な情報を得られるサイトは後ろの方に
いってしまうというGoogleの使命から離れた最悪の状態に
なってしまったのです。

 

勿論Googleも黙っていたわけではありません。

 

リンクの価値を下げれば相対的に価値が上がった
記事のボリューム等に目を付け似たようなページを量産したり

 

キーワードでページを埋め尽くしたり

 

人工知能を使って人には
理解できない単語の羅列だったり

 

その都度対策していたGoogleですが
正にイタチごっこの状態でした。

 

そこでこの状況を一変させる為に2012年にGoogleが
導入したのがペンギンアップデートと言われる
新しいアルゴリズムを持ったクローラーです。

 

このアルゴリズムはリンク元の質を判定して
質の低いリンクが大量に貼られているサイトを
駆除する事が出来ます。

 

そしてペンギンアップデートで導入された
アルゴリズムは今まで長年集めた膨大のデータから
自然なリンクと不自然なリンクの判別可能です。

 

買ったりリンクや自作自演の不自然な
リンクを見抜くことまで可能になっていました。

 

リンクで上位をキープしていた価値の無い
サイトが次々と姿を消していく事になったわけです。

 

現在でもGoogleは自信の使命の為に
検索エンジンを改良を続けています。

 

 

SEO業者の実態

 

 

ここまで長々とGoogleとSEO業者の歴史を
紹介してきましたが

 

では現在のSEO業者は
何をしているのでしょうか?

 

それはSEO業者は今でもリンクを貼る事が
メインの業務となっています。

 

何故未だに外部リンクを続けているかというと

 

確かに外部からのリンクの価値は
昔のように絶大な効果はありません。

 

しかし、今でも

 

価値のあるサイトからの
リンクは効果があります。

 

そこでSEO業者は価値のあるサイトをひたすら作り
そこからリンクを貼る事によって

 

月額○○○○円です~

 

という形でお金を取っています^^;

 

他にも内部の構造を
検索エンジンに最適化する
なんてものもあるのですが

 

最近のWPのテンプレートとかは
大抵は内部構造は最適化されています

 

これはハッキリいって詐欺レベルです^^;

 

そして契約書には

 

検索順位、効果は保証しない

 

としっかり明記されています

 

大量の良質なサイトを作れない
業者は淘汰されるか

 

現在対策されているSEOの無い
SEOを行ってお金を取る
詐欺業者になるかの

 

2択しかありません。

 

これからもSEO業者は
どんどん減っていくでしょう

 

下記リンクの先なんか元SEO会社の
方だけあってリアルな実情が書いてあります。

 

SEO会社依頼しようか
悩んでいる方は読んで見て下さい。

 

 

 

まとめ

 

SEO業者に頼むというのは
私はおススメしません。

 

確かに未だにGoogleの目を欺き続けている
SEO業者がいる事は確かです。

 

ですが、これもいつかは
Googleに見つかるでしょう

 

そうなればペナルティを受けるのはSEO業者を
利用しているあなたになるわけです^^;

 

長期的に考えるとGoogleの意向に
沿うのが一番のSEOと言えるわけです。

 

SEOについてはこちらもお読みください。

 

※お知らせ

当サイトでは相談者様のレベルに
合わせた教材を紹介する事が可能です。

 

購入はまだ考えていないけど色々聞いてみたい
なんて方でも大丈夫です。

気軽にメールをしてみてください。
↓↓
末永に相談する

 

 

お得な情報を配信しています。

登録して損はさせません!
↓↓