コラム

ビジネスのおいて仕事の収入と大変さは比例しない

こんにちは末永です。

年の瀬が近づいてくると仕事も
忙しくなってくる人が多く
なってくると思います。

 

今日は仕事の忙しさと収入の
比例についてお話しようと思います。

 

仕事の大変さと収入の比例

 

 

古い日本人の考え方なのか

 

多くの人は仕事が大変だからこそ
お金を頂く事が出来る。

 

と、考えています。

 

そして

 

世の中には楽して稼げる方法
なんてありゃしないよ

 

と思っているわけです。

 

では実際の所どうなのでしょうか?

 

例えば人に業務を完全に任せて自由に
過ごしている社長っているじゃないですか?

 

それらって楽して稼いでいないのでしょうか?

 

楽って言葉は御幣がありますね。

 

人に任せて管理するのもそれなりに
大変だと思います。

 

でも雇われている人と比べて
大きな収入がある事は間違いありません。

 

私の知り合いの土木業を営む方で
職人達に仕事を任せ

 

自分は朝からパチンコをやっている人を
知っています。

 

この人は職人さん達以上に
大変なのでしょうか?

 

創業者ならそれなりに大きくするまでの
苦労等、沢山あったと思いますが

 

二代目三代目なんかその苦労を
知らない人が多いと思います。

 

だかから二代目三代目が会社を
つぶす事も多いわけですが^^;

 

つまり、仕事の大変さと
収入は比例しません。

 

 

分かりやすいのは介護職や、飲食等
サービス業のチェーン店の店長でしょうか

 

介護職なんて相手にするのは家族の手に
負えないような人たちばかりです。

 

寝たきりだったり、痴呆が酷かったり
暴れてしまったり

 

それを1人1人相手にするなんて
それこそかなりの重労働です。

 

でも介護職って実際に貰える給料って
雀の涙みたいなものです。

 

テレビでも介護職の低賃金が問題として
良く取り上げられたりします。

 

最近は応募者が少なくなってきたせいもあり
少しはマシになってきたとはいえ
まだまだ十分とは言えません。

 

飲食店の店長も長時間労働が圧倒的に多く
サービズ残業、休みが無くても当たり前

 

良くブラック企業として名前を挙げられるのは
大抵飲食のチェーン店かサービス業が殆どです。

 

給料も時給に直せばバイトよりも
低いなんて事がザラにあるわけです。

 

では何故これらの大変さに比例して
給料が良くないのでしょうか?

 

誰でも出来る仕事はどんなに大変でも沢山のお金をもらう事は出来ない

 

 

それは

 

誰にでも仕事だからです。

 

介護職というのは体力さえあれば誰でも良いのです。

 

求人雑誌を見れば分かる通り雇う為の条件が
非常に緩く、誰でも入れてしまうのが現状です。

 

サービス業の店長職というのも同様で
誰でも簡単になる事が出来ます。

 

こちらも求人雑誌を見ればいつでも募集を
かけている事からも分かると思います。

 

一見店長職はそれなりのスキルが
なければ出来ないと思いがちですが

 

実際には重要な部分はすべて
マニュアル化されており

 

管理職となれば管理職手当を払っておけば
残業代を払わなくて良いのですし。
(厳密にはこれは違法行為なのですが
未だに当たり前に行われています。)

 

そして店長なのに権限も殆どありません。

 

このように誰でも出来る仕事は
大変さと賃金は比例しないわけです。

 

そして知識が無いせいで違法行為だろうが
搾取されてしまうのです。

こちらの記事に読んでみて下さい。

 

 

これは他の仕事でも言える事で
大変だから賃金が高いわけではありません。

 

一見大変だから賃金が高く見える職もありますが

 

それは大変だから賃金が高いわけではなく

 

誰もが嫌がってやる人がいないから
賃金が高くなっているだけです。

 

結局賃金が高いからとやる人が増えれば
仕事内容は変わらずにどんどん賃金だけが減っていきます。

 

ここの認識を間違えないようにしてください。

 

 

 

沢山のお金を貰うにはどうすれば良いのか?

 

 

ではどうすれば沢山の賃金が貰えるようになるのでしょうか?

それは

ニーズがあり、希少性が高い仕事をする事です。

 

ここで注意して欲しいのがある程度ニーズが
あるものじゃなければいけません。

 

どんなに希少性のある仕事も

 

ニーズがなければ仕事がきません。

 

例えばどんなに昆虫が詳しくても
それだけで食って行くのは厳しいです。

 

勿論第一人者になって上手く営業して
いけるなら可能性も無くはないですが

 

ニーズがある分野と比べたら
遥かに難しいのは確かです。

 

重要なのは他に代わりになる人が
いないから沢山の賃金を貰えるという事です。

 

誰でも出来るなら代わりはいくらでも
いるので賃金が低くてやめても問題ありません。

 

ただその人にしか出来ない仕事は代わりが
いないのでその人に頼むしかありません。

 

重要な部分であればある程高い金を
払ってでもは手放しません。

 

 

まとめ

 

結論としては大変な仕事をどんなに頑張ったとしても
大したお金は貰う事が出来ません。

 

そして収入を増やしたければニーズがあって
希少性が高い仕事を探す事が重要になってきます。

 

例えばこれから絶対に数が足りなくなるもの
としてプログラマー等がありません。

 

勿論それは既存のプログラムを書けるような
プログラマーでは無く、新しい技術を学んだ
プログラマーだったりします。

仕事を探す時にその辺を
意識する事によって
色々と変わってくると思います。
※お知らせ

当サイトでは相談者様のレベルに
合わせた教材を紹介する事が可能です。

 

購入はまだ考えていないけど色々聞いてみたい
なんて方でも大丈夫です。

気軽にメールをしてみてください。
↓↓
末永に相談する

 

 

お得な情報を配信しています。

登録して損はさせません!
↓↓