ネットワークビジネスのコラム

ネットワークビジネス(MLM)と「ねずみ講」の違いについて徹底解説!

 

ネットワークビジネスを伝えた時に、必ず言われる言葉があります。

「それってねずみ講でしょ?」

多くの人が、ネットワークビジネスはねずみ講だと言い、批判します。

しかし、実際には「ねずみ講」の意味を知らずに、ネットワークビジネスを批判している人がほとんど。

 

今回は、ネットワークビジネスとねずみ講の違いについて説明致します。

 

ねずみ講の特徴とは?

 

世の中で批判の対象になるねずみ講とは、どんな特徴を持っているのでしょうか?

この部分について、具体的に説明していきます。

ただその前に知っていて欲しいのが

ねずみ講は犯罪です。

日本では、ネズミ講と良く言われていますが、正式名称「無限連鎖講」と言われており法律によって禁止されています。

「無限連鎖防止法」には、下記のような記述があります。

何人(なんぴと)も、無限連鎖講を開設し、若しくは運営し、無限連鎖講に加入し、若しくは無限連鎖講に加入することを勧誘し、又はこれらの行為を助長すること(行為)をしてはならない。

自分から伝えて広がったグループが、自分の収入を超えることはない。

 

ねずみ講は、基本的には最初に始めた人が多くの利益を獲得します。

その為、後から始めた人は、最初に始めた人の収入を抜くことは出来ない仕組みとなります。

後から入れば入るほど、個人の頑張りなども関係なく、収入は減少していきます。

何故かというまず、全体の利益の半分を創業者と初期メンバーで分け合い、半分を残りのメンバーで分配しているシステムになっています。
※システムによってこの辺は多少違います。

MLMの場合はあくまでも商品の販売が目的であり、

 

加入者が止まった時に破綻するシステムは「ねずみ講」

 

ねずみ講は、加入者が止まった瞬間に破綻します。

その為、勧誘をしてどんどん加入者を増やさなければいけないという前提があるのです。

何故かというとそもそもねずみ講というのは金品の受け渡しが目的になっているからです。

ここが大きな違いです。

ネットワークビジネス(MLM)はあくまでも商品の販売の為の宣伝の手段であり、その為会員に払われる報酬は商品の利益の一部あり、商品が売れている以上は

破綻する事がありません。

ですが、ねずみ講ではあくまでも入会金等が利益のメインになっている為、会員が増えないと収益が止まってしまうわけです。

しかし、現在は少子高齢化に伴い、労働人口は減少傾向にあります。

加入者を増やさなければいけないが、勧誘する人口は減少していく。

ねずみ講システムは長期的に見ても、かなり苦しいシステムであると感じます。

なので、良くあるパターンとしてある程度稼いだら潰して、別の名前でまた立ち上げる事が多いです。

 

私たちも国家的ねずみ講に加担している?

 

前段で説明した「ねずみ講」の特徴に当てはまるものに、実は日本国民全員が加入しています。

それは日本の「年金制度」の仕組みです。

 

今の年金制度は、現在年金を支払っている若い世代が、年金を貰えなくなる可能性があります。

しかし、同じ年金額を払っていた現在の高齢者世代は、払った金額よりも多くの年金を貰っています。

後から年金を払い始めた人が、先に年金を払い続けていた人を超えることはありません。

 

当たり前のように普段の生活にある「年金」は、システム構造だけを切り取ると、「ねずみ講」と一緒なのです。

ただ闇雲に何かが分からないものを「ねずみ講」と批判するのではなく、より身近なものにも目を向けることが大切です。

最後に加入した人間が全ての損を受け入れるシステム

 

ねずみ講は、入会金と称して貰ったお金を、自分の取り分と上層部の間の山分け分で分けられることが多いです。

このシステムを考えると、末端に居る人がお金を吸い取られる対象となってしまうのです。

お金を吸い取る対象がいなくなってしまうと、ねずみ講は破綻してしまう為、永遠に会員を増やし続けないといけません。

ネットワークビジネスの特徴とは?

 

次にネットワークビジネスの特徴について説明を致します。

収入の逆転が発生する

 

ネットワークビジネスは、自分から伝えたグループの流通量が多いほど、収入が増加します。

その為、伝えられた人よりも、収入を上回ることも可能なシステムとなります。

ただ単純に「相手から伝えられる」という情報だけで、「ねずみ講」と判断する人が多いです。

実際の仕組みをしっかりと自分で調べることがとても大切です。

登録者が増えなくても売り上げは増える仕組み

 

長年続いているネットワークビジネス会社の登録者推移を見ると、売り上げは毎年上昇しているのに対して、会員登録者数は減少していたりすることもあります。

 

ネットワークビジネスで主に扱う日用品は、使わないことはありません。

ブランドチェンジであれば、今まで掛かる費用を、新しい商品購入に切り替わるだけになります。

 

最高品質の商品を次々に提案し、ブランドチェンジして貰うことで、売り上げが増加する仕組みとなります。

 

商品を流通させる

 

「ねずみ講」の特徴は、基本的にはお金を巻き上げる仕組みとなりますが、ネットワークビジネスは商品を流通させることで収入を得ることが出来ます。

 

最終的には、お金を巻き上げるシステムでは、お金を巻き上げる対象を次々に見つけなければ収益は上がりません。

商品を流通させれば、日用品である為、一度気に入れば必ずリピートされていきます。

 

ネットワークビジネスが、権利的収入に近いと言われる理由は、この商品の流通が発生し続けている限り、収入が途切れることがない為です。

 

ネットワークビジネスと「ねずみ講」の法律的な位置付けは?

ネットワークビジネスと「ねずみ講」は法律的には合法なのでしょうか、それとも違法なのでしょうか?

 

その疑問について解説していきます。

 

  • ねずみ講

ねずみ講は、システムの解説、運営はもちろんのこと、ねずみ講への加入と勧誘をすること等も禁止されています。ねずみ講を開設、または運営した場合は「3年」以下の懲役若しくは「300万円」以下の罰金。ねずみ講に加入することを勧誘した場合は、「1年」以下の懲役または「300万円」以下の罰金と、厳しい罪に問われます。

 

ねずみ講に参加した人ですら、罪に問われる可能性があるれっきとした犯罪である為、関わることを避けるべきでしょう。

 

  • ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは、特定商取引に関する法律のルールに則ることが前提で、合法の仕組みです。

具体的には以下のような、守らなければいけない項目があります。

 

  1. 契約締結時には、必ず書面での取引が必要
  2. 誇大広告の禁止(「誰でも稼げる」など)
  3. 不適切な勧誘行為(事実の隠蔽、不実の告知、威迫困惑行為など)の禁止
  4. クーリングオフ(20日間)の義務化
  5. 執拗な勧誘の禁止
  6. 勧誘時の説明と、実際の内容が異なる
  7. 「1ヶ月100万円稼ぐ人も居る」という第三者の体験談を交えての勧誘の禁止

などの細かなルールがあります。

 

このような条件を「知らなかった」と言っても、法律的には違法になるために、事前に知っておくことが大切です。

また、ネットワークビジネスと謳っていても商品や商材が粗悪で販売レベルに到達していない場合はねずみ講として扱われ

罰則の対象となります。

ちょっと前に話題になったネオヒルズ族の商材なんかがそうですね。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

今回は、ネットワークビジネスを始めると、必ずと言っていいほど言われる「ねずみ講」のシステムについて解説致しました。

ねずみ講は、法律によって禁止されており、勧誘した場合は「20万円以下」の罰金が課せられます。

そしてネットワークビジネスは、「連鎖販売取引」と呼ばれており、「特定商取引法の第33条」に沿った方法であれば違法ではありませんが、制約はとても多いです。

 

ビジネスにおいて「相手を成功させる」ということがとても大切であり、「搾取の対象」であってはなりません。

ねずみ講とネットワークビジネスの違いを理解した上で、ビジネスを行って欲しいと思います。

この記事が、ネットワークビジネスと「ねずみ講」の違いを知る為の、一つのきっかけになれば幸いです。